2018.11.10 (Sat) 櫻井哲夫 “Nothin’ but the Bass 2018” 還暦!ソロライブ


イベント詳細

  • 日付:

2018,11,10(Sat) 櫻井哲夫 "Nothin' but the Bass 2018” 還暦!ソロライブ

日本を代表するベーシスト、櫻井哲夫さんが昨年に引き続き、今年も Studio KIKI でソロライブ開催決定!

今年のツアーは、還暦デビューを記念して、オリジナルやカバー曲をヒーリング・ベース・サウンドで、また、ジャコのレパートリーや、80年代のカシオペアメドレーロングバージョンなど、櫻井哲夫シグネチャー・モデルのワーウィック・ベースを始め、今回から使用するマークベース・アンプ、ロックボードのエフェクター・システムなどをフィーチャーして、マニアックにお届けします。終演後、ライブ会場で、CD、DVDをご購入いただいた方に、サイン会、撮影会を行います!ライブ会場で、皆さんに会えるのを楽しみにしています!!

櫻井哲夫

櫻井 哲夫

(BASSIST, COMPOSER, PRODUCER, INSTRUCTOR)

ベースという楽器を使って自己実現を追求。人の心に響く音楽活動を生涯のテーマとしている。リーダー活動は、ソロ・ライブ、櫻井哲夫バンド、Jacoトリビュート・ライブ。1976年~1989年「カシオペア」、1990年~1998年 「JIMSAKU」のメンバーとして活動。全国各地と世界約20ヶ国で公演活動。1999年以降ソロ・アーティストとして、独特の暖かさや激しさを持つオリジナル曲とベース・プレイで国内、海外に活動の輪を広げる。 Projectとして、アメリカのDennis Chambers, Greg Howeとの "GENTLE HEARTS"、ブラジルのDjavan, Ivan Lins, Rosa Passos, Filo Machado達との "BRASIL CONNECTION”など、海外アーティストと共演も多く、国際ジャズフェスティバルにも多数出演。その他、Bob Jamesのアジア・ツアー、梁邦彦、川口千里、世良公則&Guild9のサポート、齋藤ノヴ・セッション等。後進の育成として、昭和音楽大学で講師を務める。ドイツのWarwick Bass Camp 2015&2016(1週間の合宿セミナー)にプロフェッサーとして参加。2017年11月、還暦を迎える。

1979年レコードデビュー以来、ソロ13枚、バンドで35枚のCD、4本の教則、7本のライブ、1本のドキュメンタリーDVDをリリース。
最新作は、2015年、ソロアルバムCD『Nothin’ but the Bass』、2017年、ドキュメンタリーDVD『櫻井哲夫 密着365日 ~国境を越えて音世界を旅するベーシストの日々~[DVD2枚組]』が発売中。
(敬称略)

櫻井哲夫公式サイト
Facebook(本人アカウント)
Facebookページ

ご予約フォーム





お名前

メールアドレス

メールアドレス(確認用)

イベント開催日

予約人数

備考欄

櫻井哲夫 "Nothin' but the Bass 2018” 還暦!ソロライブ

2018年11月10日(土) OPEN 18:30 / START 19:30

【CHARGE】
一般:前売 ¥4,000/当日 ¥4,500 + 飲食チケット¥1,000
高校生以下:前売 ¥2,500/当日 ¥3,000 + 飲食チケット¥1,000

※高校生以下の方は、受付にて学生証(生徒手帳)をご提示ください。

【ご予約フォームの記入方法】
予約フォームに必要事項、イベント開催日をご記入いただき、「予約する」をクリックしてください。

高校生以下の方のお申し込みは、備考欄に「学生○人」とご記入ください。

コメントは受け付けていません。