フォトケアとフォトシャインを比較!違いは5つ!ヤーマン美顔器(YJSB0NとIS-101N)

フォトケアとフォトシャイン違いを比較ヤーマン美顔YJSB0N、IS-101N

美顔器スチーマーで人気の、ヤーマン美顔器のフォトケア(YJSB0N)とフォトシャイン(IS-101N)の違いを比較しました。

フォトケアとフォトシャインの商品名は違いますが、ヤーマンの大人気の美顔器スチーマーです。

  • フォトケアは2022年に販売された「最新モデル」
  • フォトシャインは2021年に販売された「旧モデル」

です。

2つのモデルを比較した結果、違いは5つあることがわかりました。

  1. 価格
  2. デザイン(モードの表記)
  3. アイケアモードの有無
  4. ロングモードの稼働時間
  5. LED照射の順番

本文中で詳しく解説します。

また、2つのモデルに共通している特徴もご紹介しますね。

  • W温スチーム
  • 化粧水ミスト
  • 5色LEDフォトケア
  • 6つのモード
  • タッチレス

ヤーマン美顔器スチーマーのフォトケア(YJSB0N)とフォトシャイン(IS-101N)の違いを比較しながら、2つのモデルの特徴もたっぷりご紹介していきます。

ぜひ記事を最後まで読んで後悔のない商品選びに役立ててくださいね。

フォトケア(YJSB0N)とフォトシャイン(IS-101N)の違いを比較!ヤーマン美顔器

それでは、ヤーマン美顔器スチーマーのフォトケア(YJSB0N)とフォトシャイン(IS-101N)の違いを比較をしていきましょう。

違いは5つあることがわかりました。

  1. 価格
  2. デザイン(モードの表示)
  3. アイケアモードの有無
  4. ロングモードの稼働時間
  5. LED照射の順番

1つずつ解説していきますね。

1.価格

価格はやはり気になりますよね。

2つのモデルをECサイトで最安値を調べて、表にまとめました。

楽天市場AmazonYahoo!ショッピング
フォトケア(YJSB0N)42497円49500円41588円
フォトシャイン(IS-101N)47769円販売なし41600円

フォトシャインの方が旧モデルなのに高いです。

ヤーマン公式でフォトシャインの取り扱いがなくなっているからかもしれませんね。

ちなみに、ヤーマン公式のフォトケアの価格は楽天市場、Yahoo!ショッピングもAmazonと同じ49500円でした。

ただ、こちらの価格は2022年11月現在の時点です。

価格は変動するので、現在の価格は下記リンクをクリックしてご確認くださいね。

2.デザイン(モードの表示)

最新モデルのフォトケア(YJSB0N)にモードの表示がされ、どのモードを選択しているのか分かりやすくなりました。

ボタンが3つのシンプル設計でCHECKとMODEのランプだけで、モード選択をしなければならず、わかりにくいという声から改良されました。 

引用元:

旧モデルのフォトシャイン(IS-101N)には、モードの表示がありません。

モードの選択は分かりやすいほうがいいという方はフォトケアがおすすめです!

3.アイケアモード

フォトケア(YJSB0N)に、新たに目元ケアができる「アイケアモード」が搭載されました。

アイケアコスメとのあわせ使いがおすすめです。

これで7つのモードが搭載されました。

フォトシャイン(IS-101N)は「アイケアモード」を除いて、6つのモードです。

6つのモードは共通しているので、詳細は後ほど解説しますね。

4.ロングモードの稼働時間

共通しているロングモードの稼働時間について、フォトケアの方が1時間長くなりました。

  • フォトケア(YJSB0N)は「8時間」
  • フォトシャイン(IS-101N)は「7時間」

寝ている間やリモートワーク中にお使いいただくと、たっぷりのスチームでしっかりうるおいをキープできます。

5.LED照射の順番

電源ボタンを押して、モード選択していない場合にLEDボタンを押すと、LED単独使用ができます。

LEDボタンを押すごとに照射する色が次のように切り替わります。

以降繰り返します。

3分経過すると自動的に消えます。(ブザー音:「ピッピッ」)

【LED単独モード】

フォトケア   赤色LED → 橙色LED → 青色LED → OFF

        橙色LED          緑色LED

        黄色LED

        青色LED

        緑色LED

LEDは直視すると良くないので、カバーの角度で調整してお使いください。

フォトシャインのLED照射の色の順番については「フォトケアとフォトシャインの共通の特徴」のところで解説しています。

LED照射の順番が違っても、共通している特徴です。

お家で光美容ができるんです!

フォトケアとフォトシャインはどっちがおすすめ?

以上のようにさまざまな違いがありますが、どちらがおすすめなのかをまとめてみました。

フォトケア(YJSB0N)がおすすめな方

フォトケアがおすすめな方は次のような方です。

  • 最新のモデルを使いたい
  • モードの選択は分かりやすいほうがいい
  • 目元ケアをしたい
  • しっかりと乾燥対策できる

なんといっても最新モデルのフォトケアは肌ケアと合わせて、目元ケアまでできるのでおすすめです。

また、たくさんあるモード選択も表示のおかげで迷いませんね。

ロングモードが1時間延長されたので、乾燥対策もしっかりとできます。

フォトシャイン(IS-101N)がおすすめな方

フォトシャインをおすすめしたい方は次のような方です。

  • デザインはすっきりしていた方がいい
  • 全体的な肌ケアができれば十分
  • アイケア家電をすでにもっている

最新モデルではないものの、W温スチーム、化粧水冷ミスト、5色のLED効果は十分感じられる商品です。

お手持ちのアイケア家電と併用することで、さらなる効果を実感してほしいです。

ヤーマン公式でフォトシャインの取り扱いがなくなっているので、価格が高くなっていました。人気商品だからでしょうね。

フォトケアとフォトシャインのスペック比較

フォトケア(YJSB0N)とフォトシャイン(IS-101N)の違いを表にまとめてみました。

違いがあるところは、わかりやすく赤色にしてあります。

フォトケアフォトシャイン
サイズ(mm)約157×約157×約229
(幅×奥行×高さ)
同じ
質量(kg)1.6同じ
給水タンク質量(ml)170同じ
ミストタンク質量(ml)3同じ
スチーム温度(℃)40同じ
スチーム発生量(ml/分)12同じ
消費電力(W)550同じ
モード表示
アイケアモード〇(2分)
ロングモード8時間7時間
搭載モードスチームモードクリーンモードモイストモードシルクスキンモードトーンアップモード同じ
販売日2022年8月2021年4月
カラーシャンパンゴールドシャンパンゴールド

フォトケアとフォトシャインの共通の特徴

フォトケアとフォトシャインの共通の特徴を5つご紹介します。

1.W温スチーム

2つの吹出口からでるたっぷりのW温スチーム。肌の土台作りに最適な肌温度を約40℃まで引きあげます。

洗顔・クレンジング前に使うと、たっぷりの濃密スチームが毛穴まで入って汚れを浮かし、メイクを浮かせ、ディープクレンジングができるんです。

毛穴レス肌へ導きます。

また、スキンケア前にスチームすると、お肌が柔らかくなり、スキンケアの効率アップします。

2.化粧水冷ミスト

化粧水をお肌に浸透しやすいナノサイズのミスト状にすることでタッチレスでお肌に均一に塗り広げられます。

手で塗るよりも約3倍うるおいます。

3.5色LED

「フォトケア(YJSB0N)とフォトシャイン(IS-101N)の違いを比較!ヤーマン美顔器」のところでも、フォトケアのLED照射の色の順番を解説しましたが、フォトシャインのLED照射の色の順番もお伝えしときますね。

フォトシャイン 赤色LED → 青色LED → 赤色LED → OFF

        橙色LED   緑色LED   橙色LED

        黄色LED          黄色LED

                                                          青色LED

                                                                               緑色LED

LEDは直視すると良くないので、カバーの角度を調整してお使いください。

4.6つのモード

2つのモデルには6つのモードが搭載されています。

さまざまな美容目的に合わせてモードを選択でき、お家で本格的なスキンケアができます!

スチーム/ミスト/LEDの色モード時間 ランプ表示チェック/MODE説明
温スチーム単独赤色LED黄色LED橙LED1.スチーム約12分紫色/赤色お肌をやわらげリラックスしたいときに
2.クリーン約3分紫色/紫色メイク落としに
冷ミスト単独青色LED緑色LED3.モイスト約1分紫色/青色乾燥が気になるときに
温冷組み合わせ※温スチーム赤色LED、橙LED、黄色LED冷ミストスチーム青色LED、緑色LED4.スルクスキン約8分紫色/青色(点滅)じっくり肌をケアしたいときに
5.トーンアップ約4分紫色/紫色(点滅)メイク前のお手軽美容
LED照射なし6.ロング約7時間紫色/消灯長時間お肌をケアしたいときに

※スチーム噴射とミスト噴射時で照射されるLEDの組み合わせが異なります。

全色が同時に照射されるわけではありません。

フォトケアには、アイケアモードが追加されて、7つのモードです。

5.タッチレス

ボタンを押すだけの簡単操作で、W温スチームやナノ化した化粧水ミストを浴びるだけで肌が潤い、光美容もできる美顔器スチーマーです。

パックシートやハンディタイプの美顔器との併用でスペシャルケアもできます。

機械操作が苦手な方でも安心ですね。

また、そばに置いてスマホやデスクワークをしながら、寝ている間にも、「ながら美容」ができます。

フォトケア(YJSB0N)とフォトシャイン(IS-101N)の違いを比較!【ヤーマン美顔器】まとめ

ここまで、フォトケア(YJSB0N)とフォトシャイン(IS-101N)の違いを比較し、2つのモデルの特徴もたっぷりとご紹介してきました。

フォトケア(YJSB0N)とフォトシャイン(IS-101N)の違いは5点でした。

  1. 価格
  2. デザイン(モードの表記)
  3. アイケアモードの有無
  4. ロングモードの稼働時間
  5. LED照射の順番

最新モデルのフォトケアにはアイケアモードが搭載され、アイケア効果も実感したい方におすすめです。

モード表記でモードが分かりやすくなり、しっかりとした乾燥対策もできます。

違いはありつつも基本的な性能は変わらないので、フォトシャインも高性能な美顔器スチーマーです。

ボタンを押すだけの簡単操作で、そばに置いてスマホやデスクワークをしながら、寝ている間に美容ができます。

お家で「ながら美容」ができるので、すごく魅力的ですね。

はじめて美顔器を購入する方にもおすすめの商品です。

ぜひ、お気に入りのモデルをみつけて、お肌ケアに取り入れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)