安いオリゴ糖と高いオリゴ糖の違いは2つ!オリゴ糖の種類はどれがいいのか、フラクトオリゴ糖は危険なのかも解説

安いオリゴ糖と高いオリゴ糖の違い。種類はどれがいい?

安いオリゴ糖と高いオリゴ糖の違いって何だろう?

って疑問に思いますよね。

安いオリゴ糖と高いオリゴ糖の違いは、

  • オリゴ糖の純度
  • オリゴ糖の種類

により、値段が変わります。

オリゴ糖として販売されているものは、100%オリゴ糖ではありません。

砂糖や塩だと、100%のものが殆どなんですけどね。

オリゴ糖が多く含まれている商品ほど高くなります。

また、オリゴ糖の種類によっても値段が違ってきます。

この記事では、安いオリゴ糖と高いオリゴ糖の違いを詳しく解説しますね。

また、

  • オリゴ糖の種類はどれがいいのか?
  • フラクトオリゴ糖は危険?太るのか?

などについても解説します。

おすすめのオリゴ糖も紹介しているので、ぜひ最後まで読んでくださいね~!

▼こちらは天然チコリ由来、純度約97.5%のフラクトオリゴ糖です。
Amazonでも人気!砂糖と比較してカロリー半分なのも嬉しい!

安いオリゴ糖と高いオリゴ糖の違い

冒頭でもご説明しましたが、安いオリゴ糖と高いオリゴ糖の違いは、

  • オリゴ糖の純度
  • オリゴ糖の種類

により、値段が変わります。

オリゴ糖の純度の違い

オリゴ糖として販売されているものは、100%オリゴ糖ではありません。

オリゴ糖が多く含まれている商品もあれば少ない商品もあります。

当然、オリゴ糖が多く含まれている方が値段が高くなります。

そして、一般的に粉末タイプはオリゴ糖の純度が高いので、液体タイプよりも価格が高いです。

スーパーなどでよく売られている液体タイプのオリゴ糖は、安い反面オリゴ糖の純度が低いことが多いですね。

オリゴ糖の種類の違い

また、オリゴ糖の種類によっても値段が変わります。

  • オーガニックの原材料を使っている
  • 遺伝子組み換えの原材料をつかっていない
  • いくつかの種類のオリゴ糖を組み合わせて効果を高くしている

などは、高価格になります。

安いオリゴ糖には

  • 調達しやすいイソマルトオリゴ糖
  • 人工甘味料
  • 水分
  • 砂糖

などを含んでいることが多いです。

人工甘味料、水分、砂糖を加えることで、量を増やしているから安く売れるんだね。

オリゴ糖の種類はどれがいい

オリゴ糖って実は種類がめちゃくちゃ多くて、現在数十種類ほどあるんです。

私たちが良く目にするオリゴ糖は、

  1. フラクトオリゴ糖
  2. 大豆オリゴ糖
  3. ラフィノース
  4. ガラクトオリゴ糖
  5. イソマルトオリゴ糖

が多いです。

それぞれのオリゴ糖の特徴を、以下でお伝えします。

フラクトオリゴ糖

  • 消化酵素で分解されにくい
  • 低カロリー
  • 腸内環境を整える
  • 虫歯になりにくい
  • 玉ねぎ、にんにく、サトウキビ、ゴボウなどに含まれる

大豆オリゴ糖

  • 熱や酸に強い
  • 少量で腸内善玉菌の増加を促す
  • 大豆に含まれる

ラフィノース

  • 腸内環境を整える
  • 免疫力アップ
  • アレルギー等の緩和
  • 砂糖ダイコンから作られる
  • 価格が高め

ガラクトオリゴ糖

  • 腸内環境を整える
  • たんぱく質の消化、吸収をサポート
  • ミネラルの吸収を促進する
  • 母乳に多く含まれる

イソマルトオリゴ糖

  • ビフィズス菌を増殖させる
  • カロリーが高め
ママ
ママ

結局どれがいいの?

ひよこ先生
ひよこ先生

私のおすすめは

●フラクトオリゴ糖

●いくつかのオリゴ糖をブレンドしたもの

です。

▼フラクトオリゴ糖のおすすめはコレ!天然チコリ由来、純度約97.5%
Amazonでも人気!砂糖と比較してカロリー半分!

フラクトオリゴ糖をはじめ5種類の便秘改善成分を配合した機能性表示食品。
公式サイトからだと、全額保証付き!
雑誌ananでは、カラダにいいもの大賞を2年連続受賞しています。

>>>『カイテキオリゴ』を見てみる

フラクトオリゴ糖は、

  • 低カロリー
  • 腸内環境を整える
  • 虫歯になりにくい

っていうのが嬉しいポイントですね!

ママ
ママ

私は太りたくないし、子どもは虫歯になって欲しくないもんね!

ここからは、フラクトオリゴ糖について詳しく説明していきます!

フラクトオリゴ糖のよくある疑問

フラクトオリゴ糖について疑問に思っていることが多いはず。

代表的な疑問をピックアップして説明していきます。

太る?

甘さを感じるまで食べれば太ります。

腸内環境を改善し便美解消をする効果があったり、大腸に直接吸収されるため血糖値の上昇に影響しないことから摂取することをおすすめしていますが、口に入れて食べるものなので過剰に食べれば身体に蓄積して太ります。

熱に弱い?

熱には弱くありません。

食べ物や飲み物に入れて召し上がることが出来ます。

お料理やコーヒーやお菓子に加えることで数週間後には腸内環境が改善されてお通じが良くなりますよ。

食べる直前に入れるのが効果的。

また、血糖値の上昇抑制にも影響しているので血糖値で悩んでいる人にも気軽に食べれておすすめです。

おならが出やすくなる?臭くなる?

フラクトオリゴ糖を含んだ食材やサプリメントを摂取したりすると、腸内環境が改善され腸内に善玉菌が増えおならが出やすくなります。

そのおならは臭くはありません。

おならには、空気を吸い込んだガスと消化管から発生するガス、腸内細菌から発生するガスがあります。

そもそもおならが臭い原因は不規則な生活、偏った食事、ストレスにより発生します。

フラクトオリゴ糖は危険?

フラクトオリゴ糖は危険ではありません。

フラクトオリゴ糖って、名前にカタカナが多いんので「人工甘味料なの?」と思われがちですが、人工甘味料ではないんです。

フラクトオリゴ糖は、

  • 赤ちゃんの粉ミルクに入っている
  • 食材(玉ねぎ、チコリ、トマト)の成分
  • 身体に良い役割(血糖値上昇に影響しない、便秘解消)をもたらしている

という特徴がある、糖質の一種類です。

身体に良い成分ばかりなので避けて食べていなかったりするのはもったいないです。

必要以上に食べる必要はないが適宜に取って腸内環境を良くしましょう! 

フラクトオリゴ糖のデメリットや副作用は?

フラクトオリゴ糖を多くとりすぎると、

  • 腹痛
  • 軟便
  • 下痢

といった症状が出る可能性があります。

取りすぎには注意しましょう。

また、過敏性腸症候群、大腸系の病気の方は消化器にかかわってくるので控えたほうがよいでしょう。

意識してフラクトオリゴ糖を摂取しようとすると、砂糖より高価になる点はデメリットですね。

フラクトオリゴ糖の効果

フラクトオリゴ糖は、ヒトの体内で消化分解されないので直接大腸で吸収されます。

フラクトオリゴ糖は食物(ちこり、たまねぎ)に入ってます。

その効果として、以下の5点があります。

血糖値が上昇しにくい

ヒトの体内で消化分解されないので、インスリン(血糖値を下げる唯一のホルモン)が分泌されないので血糖値も上昇もしません。

腸内環境を整える

便やおならの匂いの改善

便の中に含まれる腐敗成分が新たに作られなくなるため匂いが軽減されます

低カロリー

血糖値が上がらないのでエネルギー量も多くありません。

虫歯になりにくい

フラクトオリゴ糖は虫歯になりうる菌のえさになりにくい

ママ
ママ

フラクトオリゴ糖は腸内環境を整えるし、血糖値が上昇しにくいからいいこと尽くしだね~

フラクトオリゴ糖を含む食材

フラクトオリゴ糖を含む食品は

  • バナナ(1本あたり0.3g)
  • たまねぎ(1個当たり0.23%)
  • トマト (1個当たり0.15%)
  • ごぼう(1本あたり3.6%)
  • チコリ

などがあります。

含有量の記載はありませんが、チコリにもフラクトオリゴ糖が含まれています。

チコリは形は白菜みたいで八宝菜などに入れても美味しいですよ。

歯ごたえがある食材の一つです。

フラクトオリゴ糖とオリゴ糖の違い

オリゴ糖の中に、フラクトオリゴ糖が含まれます。

例えば、「芋(いも)」の中にジャガイモ、さつまいも、サトイモが含まれるのと同じです。

オリゴ糖は糖質から出来ています。

糖質とは、人が活発に活動するためのエネルギーのことを言います。

糖質が1個の単糖(グルコース フルクトース)、糖質が2〜10個結合したものをオリゴ糖と言います。

オリゴ糖の種類には、フラクトオリゴ糖のほかに大豆オリゴ糖やガラクトオリゴ糖があります。

フラクトオリゴ糖とてんさいオリゴ糖の違い

てんさいオリゴ糖という単語は存在しないんです。

「てんさいオリゴ糖」というのを見たならば、おそらく、てんさい糖とごちゃまぜになって間違えてしまったんでしょうね。

フラクトオリゴ糖とてんさい糖の違いについてご説明しますね。

フラクトオリゴ糖とてんさい糖の違いは、

  • フラクトオリゴ糖はフルクトースからできた糖質であるのに対し、てんさい糖はラフィノース、ケストースというオリゴ糖が含まれています。
  • フラクトオリゴ糖はチコリやアスパラなどの食材に含まれている。
  • てんさい糖は北海道で主に栽培されている大根に似た植物(てんさい)を加工して作られたもの。
  • テンサイ糖は色が薄茶色で蜜を含んでいる砂糖です。

てんさい糖にもオリゴ糖を含んでいます。

まとめ

フラクトオリゴ糖は少量で甘味を感じるので人工甘味料だと思う人が多かったのではないのでしょうか。

フラクトオリゴ糖は危険ではないことについて解説してきました。

危険ではない理由として、

  • 赤ちゃんの粉ミルクにないっている
  • 腸内環境を改善してくれる
  • 普段口にする食材に入っている
  • 血糖値上昇がしない

ことでした。

取りすぎには注意して積極的にフラクトオリゴ糖を摂取して血糖値の上昇を抑えてあり、腸内環境を改善して健康的な生活を送ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)