ミニクーパーの中古はやめた方が良い4つの理由!10年落ちの注意点や、認定中古車、安い理由を解説。10万km超は大丈夫?

ミニクーパーの中古はやめた方が良い理由

ミニクーパーの中古品は「やめておけ」と言われることがあるようですが、「絶対にやめたほうがいい」ということはありません。

「やめておけ」と言われるのには以下のような理由があります。

  • 燃費が悪い
  • 故障しやすい
  • 意外と小回りが利かない
  • 維持費が高い

しかし、ミニクーパーに限らず中古車では言えることであったり、車を買うときに重視することによっては気になることでないような理由が多いです。

安定した走行性能やかわいいデザインなどミニクーパーならではの魅力があります。

あなたが何を求めてミニクーパーに乗るか考えれば、あまり気にし過ぎることではないですよ。

  • ミッションの状態に気を付ける
  • 内装が綺麗な物を選ぶ
  • パーツやボルトの状態をよく確認する

といったところに注意しながら購入すると良いでしょう。

新車は難しいというあなたも中古車でも良い出会いがきっとあるはずです。

以下では、ミニクーパーの中古車を買うときに心配される点や注意点などを解説していきます。

ミニクーパーの中古はやめとけ?やめたほうがいい理由4つ

かわいい見た目、目を引くクラシックなデザインで人気のミニクーパーを中古で欲しいと思って検索すると、「ミニクーパーの中古はやめとけ」という検索表示が出るという経験をしたことがある人も多いですよね。

どうしてそのように言われているのかまとめました。

理由は4つあります。

  1. 燃費が悪い
  2. 故障しやすい
  3. 意外と小回りが利かない
  4. 維持費が高い

1.燃費が悪い

輸入車であり燃費が悪いイメージからこのように言われることがあるようです。

しかし、現行の新車ではカタログ値でも20km/Lほどのものも多くあります。

またSNSやネット上の口コミなど見ても12〜15km/L前後という声が多く、決して悪い部類とは言えない数値です。

もちろん、モデルや年式、街乗りや高速道路など乗り方によっても変わりますがあまり心配しすぎることもないです。

ミニクーパーにはオプションとして「GREENモード」を追加することができます。

燃費など優先した省エネモードですので、燃費を向上させたい人は中古に後付けもできますので検討するのも良いでしょう。

2.故障しやすい

ドアミラーの開閉、パワーウインドウの不具合、エアコンの不具合などが起こりやすいと言われていることが、やめておけと言われる理由になっています。

しかしこれは第一世代の2006年までに販売されていたシリーズでよく言われていたことです。

2007年以降にモデルチェンジされてからはしっかりとメンテナンスすることで言うほど壊れるものではなくなりました。

3.意外と小回りが利かない

ミニクーパーはかわいい小さな見た目ですが思ったより小回りが効かないです。

ミニクーパーの最小回転半径は5mから6mとなっていて、軽自動車では4.5mから5mですので、軽自動車に比べると小回りが確かに利かないことがわかります。

これもあくまで「思ったより」という評価ですので、「そういうもの」とわかっていれば特に欠点ではないと言えます。

ミニクーパーに小回りを求めて買う人もそこまで多くないですよね。

何に価値を感じて乗るかではあまり気にすることもないですよ。

4.維持費が高い

多くのモデルがハイオク車なのでガソリン代が高くなりがちになります。

また輸入車ですので修理の部品は海外から取り寄せる必要があり、価格が高くなりがちになります。

以上のことから維持費が高いからやめておけと言われるのですね。

認定中古車を専門店で買うことでメンテナンスの保証なども受けることができますので、ディーラーのサービスもうまく活用することで維持費を抑えることができます。

またミニクーパーの魅力はハイオク車だからこそ実現するスムーズな加速や走行安定性、そして豊富なパーツがあるカスタマイズ性です。

どこに重点を置いて買うかでも、維持費が高いかどうかを判断する基準になりますね。

以上のように、やめておけと言われる理由としては、明らかにミニクーパーの中古車が悪いもの、不良品だからだという理由でないことがわかります。

どこに重点を置いて購入するのかという車に対する価値観の違いから、「やめておけ」と言われがちなことがあります。

全てが完璧な車などないのですから、あなたがミニクーパーに魅力を感じ、欲しいと思っているのであれば、以上のような理由は気にし過ぎる必要はありません。

ミニクーパー・中古のメリット6つ!

ではミニクーパーを中古でも買うメリットもご紹介しますね。

ミニクーパーには多くの魅力があります。

  1. 運転が楽しい
  2. 走行安定性が高い
  3. エンジン音がカッコいい
  4. 無限にカスタマイズのパターンがある
  5. 中古は比較的安く買える
  6. メンテナンスパックの期間が残っているものがある

1.運転が楽しい

アクセルを踏み込んだときのストレスのない加速が魅力です。

長距離のドライブや山道走行などでも快適な乗り心地で運転ができるので楽しさを感じられる車です。

2.走行安定性が高い

地面に張り付いているかのような安定性を高速走行や直進走行で感じることができます。

長距離走行などでは特に実感することができますよ。

3.エンジン音がカッコいい

ミニクーパーといえばかわいい見た目も特徴の一つですが、スポーツカーのようなエンジン音が鳴ります。

見た目とギャップが好きというミニクーパーのファンも多いです。

エンジン音に特にこだわりたい人は「クーパーS」と「JCW」は気筒数が4つとなっているのでおすすめできます。

4.無限にカスタマイズのパターンがある

ミニクーパーは専用のパーツがとても多く取り揃っているので、あなただけの一台にカスタムすることができます。

カスタムパーツは見た目にかかわるフロントバンパーやホイール、内装のブレーキやアクセルのペダルまで幅が広く、組み合わせはまさに「無限大」と言えます。

中古で買っても自分だけのミニクーパーを作れるので愛着が湧きますよ。

5.中古は比較的安く買える

現在は第三世代が販売中で第二世代以前の型は新車に比べ価格が安く販売されているものもあります。

モデルやグレードによりますが、状態がよく100万円台でも買えるものもありますよ。

6.メンテナンスパックの期間が残っているものがある

MINI TCLと呼ばれる新車購入時につけられるメンテナンスパックがあります。

こちらは車両ごとにつきますので、年式の浅い中古車だと保証期間が残っているものがあることもありますので、少し気にしてみるのも良いでしょう。

ミニクーパーの10年落ちの評判や口コミ

10年落ちの第二世代頃の型は中古車の流通量が多く、ここ最近は相場もずいぶん手頃な値段になっています。

評判や口コミについても

「多少オイルのにじみがあるけどまずまず快調で特に問題なしでした」

「高いでしょ!と聞かれたけど、実際は安く買えているので値段言うのも逆に恥ずかしい」

というようなもので、極端に悪いものは見つかりませんでした。

購入時にしっかりと選べば10年落ちと言っても心配ないと言えます。

走行距離や不具合、整備記録などもわかるとより安心して買えます。

ある程度信頼できるものがそろい、保証も受けられる認定中古車がおすすめです。

走行距離10万km超、大丈夫?

10万kmを超えた中古車でももちろん大丈夫です。

ミニクーパーのような外車は部品を交換することで、良い状態で乗り続けることも可能です。

走行距離以上に大事なのは、整備をされてきているかということになります。

どんな車でも10万kmを超えてくると、部品の交換やメンテナンスは必要になってきますよね。

整備や部品の交換などをしながら大事に乗ることで、16万km、18万kmまで乗れたというような声も実際あります。

もし欲しいと思ったミニクーパーが10万km超の走行距離だったときは、車の状態であったり整備記録も確認してみると良いですよ。

状態の良いものであればお得な値段で買うこともできます。

ミニクーパーの中古を買う時の3つの注意点

カスタマイズをしながら自分色に染めていけるミニクーパーは中古車といえどもやはり魅力的です。

お手頃価格で手に入る物もあることから、中古車でも欲しい人は多いはずです。

どのような点に注意して購入するべきかまとめました。

  1. ミッションの状態
  2. 内装が綺麗な物を選ぶ
  3. パーツやボルトの状態をよく確認する

1.ミッションの状態

試乗をしてみて、変速ショックが大きい場合は注意をしましょう。

購入してからミッションの乗せ替えが必要になると、修理費が非常に高くなる可能性があります。

また第一世代のCVTは比較的トラブルが多いことが報告されていますので、特に注意が必要です。

2.内装が綺麗な物を選ぶ

みなさん意識されると思いますが、内装の状態もやはり重要です。

外からは見えない内装もきちんと整備されている車は、他の部分も手入れやメンテナンスが行き届いている物が多いと考えられます。

3.パーツやボルトの状態をよく確認する

パーツのサビの状態やボルトが左右対称かなど、細かいところにも注意してみてください。

外装ばかり綺麗でも、こういった細かいところも気にしてみるとより車の状態を判断しやすくなりますよ。

ミニクーパーの認定中古車とは?

MlINIが規定する厳しい水準をクリアした認定中古車には3種類あります。

  • MINI NEXT
  • MINI Approved Car
  • MINI Used Car

こういった認定中古車を買うことで、安心な中古車を手に入れることができ、ディーラーからの保証も受けることができます。

MINI NEXT

基本100項目の納車前点検をはじめ、2年間走行距離無制限保証など高い品質と充実した保証内容のついた認定中古車です。

内容は以下のようになります。

  • 新車登録後経過年数:5年未満
  • 走行距離:60,000km未満
  • 納車前点検項目数: 基本100項目
  • 保証期間: 2年間(走行距離無制限)
  • 保証内容: エンジン、トランスミッション、ブレーキなどの主要部品

MINI Approved Car

走行距離 20,000km以内で1年間保証がつき、基本100項目の納車前点検など、こちらも厳しい品質基準をクリアした認定中古車です。

新車登録後経過年数:8年未満

  • 走行距離:100,000km未満
  • 納車前点検項目数: 基本100項目
  • 保証期間: 1年間(20,000km以内)
  • 保証内容: エンジン、トランスミッション、ブレーキなどの主要部品

MINI Used Car

6ヶ月間保証(走行距離 5,000km以内まで)など、高性能、高品質を長く維持し続けるMINIだからご提供できる認定中古車です。

以下のような条件になります。

  • 新車登録後経過年数:制限なし
  • 走行距離:制限なし
  • 納車前点検項目数: 法定1年定期点検項目
  • 保証期間: 6ヶ月(5,000km以内)
  • 保証内容: エンジン、トランスミッション、ブレーキなどの主要部品

ミニクーパーの中古はどこで買うのがおすすめ?

MINI NEXT(MINIディーラー)で買うことをおすすめします。

MINIが規定する水準をクリアした認定中古車のみを販売しているので、品質については安心して買うことができます。

またミニクーパーは輸入車なので、専門知識も流通の多い国産車に比べ経験によって差がつきやすいところです。

そのためMINIのみを取り扱い続け精通したスタッフは、壊れやすい箇所なども熟知していますから、故障を未然に防ぐ術も知っています。

購入後も長く乗り続けることができます。

また純正オプションやアクセサリーも豊富に揃っているのも専門店ならではの良さです。

中古でも長く乗り続けることを考えると、専門店で購入することをおすすめします。

まとめ

2022年1月の日本自動車輸入組合の発表によれば、ミニクーパーは6年連続輸入車販売台数1位と人気の輸入車として不動の地位を築いています。

街中でも走っているのを見かけると目を引くかわいい、クラシックなデザインで日本でも人気の車です。

中古車でも欲しいと思って検索すると「やめておけ」と出てきて不安に思うこともあると思います。

しかしそのほとんどは、どんな中古車にも言えることであったり、何に価値を感じて乗るかという価値観の違いから言われていることですので、心配することはないです。

車の状態や買う場所などに注意しながら買うことで、中古車ならお得な値段で買うことができます。

多くのカスタマイズができるので中古車でもあなただけの一台にすることもできます。

走行性能や安定性も抜群ですので、運転も楽しくなりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)