メルシーポットのメルカリでの売り方!本体は売れない、出品禁止だが付属品は売れる!違反行為は利用制限の可能性もあり

メルシーポット・メルカリでの売り方

メルカリで不要になったメルシーポットを売りたいけれど、どうやって出品して良いのか分からず悩んでいませんか?

実は、メルシーポットをメルカリに出品することは出来ません。

これは未使用品であっても同様です。

「え?でもメルカリでメルシーポットを『おまけ』として売ってるのを見たけど?」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

この記事では

  • メルカリでメルシーポットを出品できない理由
  • メルシーポットをおまけとして売ることはOKなのか?

などについて、解説していきます。

メルシーポットを出品するには、メルカリが定めるルールを守ることが重要です。

メルカリを利用するときは、ルールを守って正しく売りましょう!

メルシーポットはメルカリ出品禁止!本体は売れないよ

最初にお伝えしたように、メルシーポットをメルカリに出品することは出来ません。

これは未使用品であっても同様です。


メルカリでは、薬機法(正式名称:医薬品医療機器等法)に基づいて、医薬品と医療機器の出品に関するルールを定めています。

メルカリが出品を違反行為と定めている医薬品・医療機器は以下の通りです。

・医薬品

・販売に法律上の許可または届出を要する医療機器

・医薬品に該当する成分が含まれている製品

・動物用医薬品

・許可なく製造、小分けされた医薬部外品

・薬効表現、標榜が薬機法に抵触するもの

・その他、事務局が不適切と判断したもの

出典:メルカリ 医薬品、医療機器(禁止されている出品物Z

メルシーポットは一般的名称を電動式可搬型吸引器といい、管理医療機器という分類に属します。

管理医療機器を販売する際は、事前に販売業の届出が必要です。

届出を行わずに販売する行為は、薬機法違反にあたります。

「メルシーポットはメルカリが出品は違法と定める「販売に法律上の許可または届出を要する医療機器」に該当しています。

そのため、メルシーポットはメルカリで出品できないのです。

新品・未使用であれば、衛生的にも出品して良いのでは?と考える方もいるかもしれません。

ですが、使用状態に関わらず、メルシーポットが管理医療機器という「販売に法律上の許可または届出を要する医療機器」であることに、変わりはありません。

ですので、新品・未使用のメルシーポットもメルカリへの出品はできないのです。

とはいえ、もしメルシーポットを出品する方法があるのなら、メルカリを活用して上手に手放したいですよね。

実際にメルカリで「メルシーポット」と検索すると、出品している方もいるようです。

そこで、メルカリにメルシーポットを出品する方法がないか、調べてみました。

あわせて、禁止されているものを出品した際のペナルティ、メルカリ以外の売り方がないかも解説していきます。

メルカリでメルシーポットがおまけとはどういうこと?

メルシーポット本体を「おまけ」と称してメルカリで販売する人が一定数いるようです。

本体の販売が出来ないなら、付属品をメインで出品して「おまけ」として本体も付けてしまおう、という出品方法です。

メルシーポットは簡単に赤ちゃんの鼻水を吸引できるので、人気のアイテムです。

そんな便利で人気も高いアイテムをこっそり売買できるなら、と考えてしまうのかもしれません。

実際にメルカリで「メルシーポット」と検索してみると、数件ヒットします。

詳しくは次の章で解説しますが、出品できない本体を除いた付属品のみでの出品が多い様子。

しかし、なかには「おまけ」という表現で巧みに本体を販売している方も見受けられました。

例えば、「医療機器に当たるため部品のみですが、おまけをお付けします。」といった商品の説明文。

この「おまけ」がメルシーポット本体を指すことを、出品者と購入者の間で暗黙の了解として、取引をしているようです。

メルカリ事務局へ問い合わせてみました

こうした「おまけ」としてメルシーポット本体を出品する行為について、実際にメルカリ事務局へ問い合わせてみました。

・付属品のみの出品は可能

・事務局側で医療機器の取引にあたると判断した場合は、取引のキャンセルや商品の削除を行う

とのことでした。

こうした反則的な行為はせずに、正しくメルカリを活用するのが良いですね。

メルシーポットのメルカリでの売り方

では、どのような売り方をすれば違反行為にあたらないのでしょうか?

ずばり、「おまけ」を付けずに文字通り、付属品のみを出品することです。

前の章でも少し触れましたが、本体抜きでACアダプターやノズルといった部品のみを出品している方が多いです。

ACアダプターのみ、ノズルのみ、といった部品単位での取引も可能です。

部品のみで本当に購入してもらえるの?と不安に思うかもしれませんが、ご安心ください。

ACアダプターは2,000円前後、ノズルは700~1,000円と価格の幅が広いですが、売れていることが確認できました。

ノズルの価格帯については、複数製品に兼用できるものが需要が高い印象でした。

なかには未使用の兼用ノズルが1,500円以上で売れている例も確認できました。

予備として多めに購入していたけど結局使わなかった、というノズルが眠っている方はチャンスかもしれません。

また、メルカリでは購入者フレンドリーな商品が売れやすい傾向にあります。

部品を出品するときは、購入者が手持ちのメルシーポットに使用できるか確認しやすいように、型名を明記しておくと良いかもしれませんね。

繰り返しになりますが、管理医療機器に該当するメルシーポット本体は、ルール上メルカリで売ることは出来ません。

ですが、ACアダプターやノズルは出品可能です。

メルシーポットの処分にメルカリを活用する際は、メルカリルールを守って出品可能な部品のみを売れば良いのですね。

メルカリで禁止されているものを売ったらどうなるの?

メルシーポット本体の出品は違反行為にあたることは、十分ご理解いただけたと思います。

ではここで、違反商品を出品した場合はどうなるのか、見ていきましょう。

メルカリは、出品について違反行為が見られた場合に関しても、きちんと対応を定めています。

メルカリガイドでは、違反報告への対応と利用制限に関するポリシーとして下記のように定められています。

・違反商品を削除する

・違反の疑いがある商品を出品停止にする

・報告された違反者のアカウントの会話を制限する

・プロフィールの編集を求める

・アカウントを利用制限する

・本人確認を実施する

・無期限の利用制限をする

出典:メルカリ 違反報告への対応と利用制限に関するポリシー より抜粋

違反とされる出品や行為があった際は、ルールに則り上記のようなペナルティが科されます。

メルシーポットの本体も売りたい!メルカリ以外の方法は?

どうしてもメルシーポットの本体を売りたい場合、メルカリ以外の方法がないか調べてみましたが、売れないことが分かりました。

まず、大前提として管理医療機器であるメルシーポットの本体を、届出をせずに販売することは薬機法違反です。

ですので、方法に関わらず個人が届出無しにメルシーポットの本体を売ることは出来ません。

売ることでメルシーポットを手放すのであれば、本体を除いた部品のみを売りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)