ダンヒルの財布はダサいは嘘!年齢層や評判。20代30代だとおじさんのイメージ?ランクやどこの国のどんなブランドかを解説

ダンヒルの財布はダサい?年齢層や評判

イギリス・ロンドン発の老舗高級メンズブランドであるダンヒルの財布は質感の良さ、シンプルなデザインで長く愛され続けてきました。

英国紳士のダンディなイメージも強く、40代や50代くらいの人が使うブランドなのではと思っている方も多いのでは?

この記事ではダンヒルの財布の年齢層の解説や評判、そして人気の財布も紹介していきます。

ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

ダンヒル(Dunhill)の財布はダサい?

ときどき若者の間では「おじさんが持つ物なのでは」というイメージがつきまとうようです。

20代、30代の若い人にとってダンヒルの財布を持っていることはダサいのでしょうか?

しかし、ダンヒルの財布はシンプルかつ洗練されたデザインのものが多く、持つ人を選びません。

20代でも60代でも世代を問わず使えるデザインで、質感の良さや耐久性の面でも優れた物が多いブランドであり、間違いのないブランドと言えます。

また、シリーズによってはカジュアルスタイルにも使えるものもありますので若い世代が持っていても決してダサいものではありませんよ。

知れば知るほど洗練されたデザインに魅力を感じていくはずです。

おしゃれOL
おしゃれOL

ダンヒルがどこの国のどんなブランドも、記事中で紹介しています。

ダンヒル(Dunhill)の財布の年齢層

ダンヒルの財布は渋さや落ち着きのあるデザインの物が多く、40代、50代をターゲットにしたラインナップが比較的多いです。

しかし、シンプルで落ち着きのあるデザインは年代を問わずに使えると言えます。

特にビジネスシーンなどではシンプルさが十分馴染みますので、年代にこだわる必要はありません。

ダンヒル(Dunhill)のブランドランク

ダンヒルはいわゆるハイブランドです。

フォーマル系ブランドでは世界最高ランクの一つとも言われています。

値段の相場観はおよそ以下の通りです。

  • 財布    3〜8万円
  • スーツ一式 30万円代
  • ネクタイ  2万円代
  • バッグ   10〜30万円代

価格帯からみても高級ブランドランクだということが一目でわかりますね。

希少な革であるコードバンなどを使っているものもあるなど、素材へのこだわりなども間違いのないところがブランドランクの高さを感じる点でもあります。

ダンヒル(Dunhill)の財布を使ってる人のイメージ

ダンヒルの財布を使ってる人のイメージはどうでしょうか。

  • 大人の男性
  • 洗練された紳士のイメージ
  • 渋い

といったイメージですね。

カジュアルスタイルよりはビジネススタイルで使いたいものというイメージもお持ちの方が多いのでは。

感じ方は人それぞれなところもありますが、私は「本物志向の格好いい大人」のイメージを持っています。

「あ、この人はこだわりを持っているんだな。」とどこか憧れの気持ちを抱きます。

ダンヒル(Dunhill)の財布の評判・口コミ

「50代の父親にプレゼントでダンヒルの財布を買ってあげた。とてもテンションが上がってました。」

「ダンヒルの財布はシンプルですごく使いやすいんだよな。」

「渋くてカッコいいです。ダンヒルが似合う男になりたいです。」

などシンプルさや渋さが評価されています。

自分へのご褒美や父の日のプレゼントに選んでいる人も多いですね。

自分が持つことで、気持ちが上がるのはもちろん、プレゼントでも喜んでもらえる財布です。

おしゃれOL
おしゃれOL

ダンヒルのベルトを17年付かっても丈夫ってすごい!

信頼があるのでお財布を買ったそうですよ。

おしゃれOL
おしゃれOL

次に買うお財布もダンヒルを選んだんですね!

おしゃれOL
おしゃれOL

こちらの方はずっとダンヒル!愛用者ですね。

ダンヒル(Dunhill)人気の財布

ダンヒルの財布はさまざまなシリーズがあり、それぞれに特徴がありますので違いを感じながら選んでいくのも楽しみのひとつです。

二つ折り財布

とにかくコンパクトに持ち運べるのが二つ折り財布のいいところです。

  • ズボンの後ろポケットにコンパクトに持ち運びたい人
  • 鞄の中でもかさばらない物が欲しい

そんなあなたには二つ折り財布がおすすめです。

また少しカジュアルな印象も出るのが二つ折り財布の特徴です。

ベルクレイブ L2S832A

型押しレザーを採用し、表面に小さなロゴマークをあしらうことでシンプルなデザインとなっています。

高級感漂う質感がかっこいいです。

年齢層を気にせず使えるものと言えます。

カードポケットが4つと2つのポケットと収納力がありますが、二つ折り財布のコンパクトなデザインも失われていないので持ち歩きにもとても便利です。

カドガン DU18F2320CA 001

カドガンはボードンがマイナーチェンジしたコレクションで上質なカーフレザーが人気のシリーズです。

ポケットが二つ、カードポケットが4つ、コインポケットはボタン式となっています。

革はしっかりとした質感でエンボス加工が施され傷も目立ちにくいです。

ダンヒルのロングテールロゴマークが入っています。

こちらもシンプルで飽きが来ないので長く使えるものです。

長財布

ダンヒルの長財布はスーツの内ポケットにも入れられるスマートなデザインが特徴です。

創業者もビジネスマンだったことからスーツとの相性にもこだわりを感じます。

  • カード類など収納力があるものがほしい
  • お札は曲げずに持ち歩きたい

そんなあなたには長財布がピッタリです。

さらに厚みがあってもより収納力を求める人にはラウンドファスナータイプのものもおすすめです。

サイドカー QD1010

サイドカーはきめ細かいカーフレザーを使っているコレクションで、使い込むと風合いが出てくるのが特徴です。

質感の良さと高級感を感じるメタルロゴがあしらわれています。

渋さを感じるシンプルさでダンヒルの財布らしさが出ている一品です。

厚みも2cm以下程度ですので、収納力とコンパクトさを兼ね備えたところも人気の秘密です。

またプレゼントにも人気となっていますので、プレゼントに合う物を考えている人にもおすすめできます。

ボードン L2M110Z

ボードンも人気のコレクションの一つとなっています。

ブラックに近いダークグレーの革に、ワンポイントで入る「D」と「A」を重ねたブランドロゴが主張しすぎないかっこよさを演出しています。

細かい型押しのエンボス加工されたカーフレザーを採用しているので傷が目立たないのも特徴です。

幅広い年齢層におすすめできるシンプルなデザインです。

コインポケットのファスナーやフリーポケットなど機能面でもこだわりを感じます。

ダンヒルの財布の価格帯

価格帯は3万円前後〜高い物では8万円ほどまでとなっています。

スタンダードなモデルでは以下のようになっています。

  • 二つ折り:3万円〜6万円の物が多いです。
  • 長財布:4万円〜8万円前後
  • ラウンドファスナーのタイプです:5〜8万円

となっています。

タイプで少し値段の違いはありますが、およそ10万円でお釣りが来るくらいといったところです。

ダンヒルはどこの国のどんなブランド?

ダンヒルはイギリスのロンドンで1890年にアルフレッド・ダンヒルが創業したブランドです。

創業当初は馬具などを扱う卸売業者でしたが、その後スーツやベルトなどのファッションアイテムや財布、キーケースなどの革製品、そしてライターなども扱うようになりました。

そしてイギリス王室御用達のブランドになるまで成長してきた、まさに一流ブランドです。

現在はカルティエやモンブランなどで有名なスイスのリシュモングループの傘下となり、発展をし続けている企業です。

まさに世界中のメンズブランドのなかでも多くの支持を集めているブランドです。

まとめ

今回はダンヒルの財布はダサいのか、イメージやラインナップを中心に解説していきました。

おじさん向けのブランドなのではという心配の声があるようですが、シンプルなデザインの物が多いので年齢に関係なく使えるものが揃っているのが特徴です。

実際に20代からでもビジネスシーンや「ここぞ!」という場面ではこだわりを見せられるアイテムとして活躍してくれそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)