2018.8.19(Sun) JUNK FUJIYAMA with TRI ORIENT TOUR 2018


イベント詳細

  • 日付:

JUNK FUJIYAMA TOUR 2018 with TRI ORIENT

ドラマーの第一人者、村上"ポンタ"秀一が認めたボーカリスト、ジャンク フジヤマのツアーライブがStudio KIKIで開催決定!

独特の力強いボイスによるシティ・ポップを一度聞くと、魅了されること間違いなし!

ジャンク フジヤマ

2009年4月ミニ・アルバム、「A color」リリースし、シティ・ポップのホープとして注目を集める。アルバムを聴いたスーパー・ドラマー、村上“ポンタ”秀一がその歌声に惚れ込み、ジャンクをサポートすべく、スペシャル・バンドを結成。2009年11月と翌年1月にブルース・アレイ・ジャパンにてワンマン・ライヴ開催。その伝説のパフォーマンスを収録したライヴ・アルバム「JUNKTIME」のほか、アルバム「Junkspice」、フル・アルバム「JUNKWAVE」、「A color+5」などをリリース。
ビクターエンタテインメントより2012年6月20日にシングル「あの空の向こうがわへ」でメジャーデビュー。
フル・アルバム「JUNK SCAPE」、ベストアルバム「風街ドライブ」をリリースする。
2016年6月22日2枚目のライブ盤「ジャンクフラッシュ」をリリース。
圧倒的な歌唱力と、どこか懐かしくも新しいシティポップサウンドに誰もが胸をときめかせる。

柴山 哲郎

TRI ORIENT (Gt.)
奈良市生まれ。19歳で渡米。バークリー音楽院でジャズ等を学ぶ。帰国後様々なミュージシャンと共演。また、トルコの楽器ウードの演奏活動も行う。主な共演ミュージシャン。JUJU,さかいゆう、ゴスペラーズ、AAA、salyu、他多数。

森岡 克司

TRI ORIENT (Ba.)
甲陽音楽学院卒業後 2003年にT-SQUAREのサポートメンバーに抜擢され、2枚のオリジナルアルバムに参加。
Anaheimで開催されるBass Day NAMM Bass Bashに日本人として初出場(2009, 2010, 2012 出場)
Guitaristの柴山哲郎とのユニット『Zen urgency』でも活動中。
Joe Zawinul & The Zawinul Syndicateなどにも参加しているDrummerのStephane Gallandを迎えてのアルバムを発売予定。
技巧派ベーシストとして現在日本、アメリカなど国内外問わずに活躍中。

小久保 泰延

TRI ORIENT (Dr.)
村上ポンタ秀一にアシスタントとして師事。松原正樹、近藤房之助、ジャンクフジヤマ、花*花、FIRE HORNSほか様々なアーティストと共演。東日本大震災以降、音楽による支援にも力を注ぎ中央と地方のつなぎ役としても活動。現場での経験をダイレクトに伝えるべく全国でレッスンやワークショップも開催、指導にも情熱を注ぐ。一音入魂が信条。

ご予約フォーム





お名前

メールアドレス

メールアドレス(確認用)

イベント開催日

予約人数

備考欄

JUNK FUJIYAMA TOUR 2018 with TRI ORIENT

2018年8月19日(日) OPEN 19:30 / START 20:00

前売 ¥4,000 / 当日 ¥4,500

+飲食チケット¥1,000

[学生]前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000

+飲食チケット¥1,000

【ご予約フォームの記入方法】
予約フォームに必要事項、イベント開催日をご記入いただき、「予約する」をクリックしてください。

コメントは受け付けていません。